サザエのつぶやき

オットと犬(キャバリア)2匹と、シンガポールで奮闘中。  2011年2月に女の子(たらこ)を出産し、新しい家族を迎えて更に奮闘中。 

2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこねこ~ (と、しつこく書いてみる)

前回の記事の続きです。

日曜日の昼間、ネコをもう一度病院に連れて行きました。 
緊急病院では、とりあえず命にかかわるような症状や危険性がないことだけ調べてもらい
あとは昼間に普通の動物病院に行ってくれといわれたので。

とりあえず目は大丈夫そうで
ノミ、ダニ、寄生虫なし。
便がちょっとゆるいけれども、今まで何も食べてなかった状態で、
急に栄養のあるものを食べたからだろう、とのこと。

一応おなかの薬を出してもらって
問題なければ1-2週間でワクチンを打てるそうです。


もし、もらっていただける方がいらっしゃれば、

  • 数週間のエサ

  • トイレの砂+スコップ

  • ネコのおもちゃ


を一緒に差し上げます。
もちろんワクチンを打った後にお渡しします。

どなたか家族に迎えて下さるかた、考えてもいいよーという方、いらっしゃれば
ぜひメールをいただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。



Neko2.jpg

ゴマ・ハチともちょっとずつ慣れてきてるみたいです。

Neko3.jpg


ゴマ、その見つめ方は怖いから。

Neko4.jpg



↓↓↓↓↓さぁ、お得ですぜ!  (誰かもらってー 泣)
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



スポンサーサイト

ネコはいらんかねー(泣)

猫、拾っちまいました。


このご時世、来月の自分の職も危ないかもしれないのに
なにやってんだ自分。   (泣)


夜11時ごろにゴマハチ散歩に行くと、道端で子猫発見。

もう、見るからにヤバイ。  
ガリガリなだけならまだしも
片目とかはもう真っ赤なお岩さん。
残った目で見えているのかいないのか、わからないほどおぼつかない動き。

これはヤバイと思ったけど、素手で触るのはためらう。  
めっちゃためらう。  だってだって見るからに汚いんだもの!

そこで、マスオさん、Tシャツを脱いで、半裸状態。
たまに居ますよね、シンガポール。  短パン+半裸のおじいちゃん。
まさにあんな感じ。


とりあえず、もう普通の病院は開いていないので、
夜も開いている Newtonの近くのMount Pleasant Hospital へ。
時間外なので コンサルテーションだけでも$200ドル・・・ ( ̄口 ̄;)!!


とりあえず、ちょっとキレイにしてもらい、
目のお岩さんは、炎症を起こしてしまっているので
頻繁に拭いたり清潔にして、目薬を差せば大丈夫だろうとのこと。
猫風邪(そんなものがあるのね)になってしまうときもあるんだけど、
この猫はそこまで行ってなくて大丈夫だと。

ただ食べ物・飲み物がしばらくなかったのか、
軽く脱水症状を起こしているので、
ちゃんと飲み物と食べ物をあげるように、とのことで。

2時間置きずつ位に目を拭いたり、目薬あげたりしたら
腫れもひいて、だいぶきれいになりました。
まだちょっと赤いけど、何とか普通の目になりそうです。
20090823_01.jpg


おそらく、生まれて5週間くらい、体重400グラム、メス。
食べ物は、もう乳離れしていて、今のところは缶詰を食べてます。


どなたか、里親になってくれたらうれしいです。  
もちろんワクチンを打つまではウチで面倒見ます。

20090823_02.jpg


てか最悪里親見つからなかったらウチで飼うことになるんだろうけど・・・。 

20090823_03.jpg

ムツゴロウ王国になっちゃうよ・・・。



↓↓↓↓↓誰かもらってー。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

フカフカの下には

この間、またゴマ&ハチのグルーミングにいったんです。


毛がまただいぶ伸びてきて毛玉ができてきてたので。


んで、だいぶすっきりして帰ってきたのはいいんですけど


今まで毛がふさふさだったから気がつかなかったんだけど


実はゴマ&ハチの首にぜい肉の波が・・・

20090815_Goma1.jpg


あぁハチにも・・。
20090815_Hachi.jpg


ゴマなんて、もうぜい肉のタートルネックができちゃってるし。

20090815_Goma3.jpg


やばいな。  まぁそこもかわいいんだけど。 (←親ばか)

どうでもいいんですけど、ゴマさん。



その座り方はやめませんか。

20090815_Goma2.jpg



↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

シンガポール・ナショナルデー

先週末の日曜日はシンガポールのナショナルデーでした。

こんな日のEast Coast Parkは
テントを張る家族連れ&友達グループであふれかえりまくる。
Ecp.jpg



うちらも負けずにテントを張ってみる。
20090814_TentPrep.jpg



が、なんかちょっと手間取る。
20090814_TentPrep2.jpg



そしてしまいにはその辺の子供にダメだしをくらう。
20090814_TentPrep3.jpg




何とかテント完成。



居心地はいかがでございましょ。
20090814_TentBuilt.jpg


かなりエンジョイしてらっしゃるゴマさん。

20090814_Goma1.jpg


が、相手にされず。
20090814_Goma2.jpg


あれですよ、きっとクールさが足りなかったんですよ。  クールさが。
20090814_Goma3.jpg

う、うん。 まぁそんな感じかな。  多分。


夕方には国旗が通ったり、夜には花火が見れたり。
20090814_Flag.jpg


キャンプ気分を満喫しました~。
20090814_home.jpg





↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

インド旅行記:其の五 - その他もろもろ

インド旅行記、ラストです。 食べ物とか、他にちまちま見たものとか。

ムンバイ行ったときに、車にちょこんと着いてるものがありました。

グリーンチリ、ライム、炭。
20090812_charm.jpg

コレは厄除けみたいなもので、大切なものや高価なものに一定期間付けておくんだそうですよ。
そうすると、これが厄を吸い取ってくれるので、
それを車がびゅんびゅん走ってるところに投げ捨てたりして厄と一緒に破壊するんだそうですよ。

チリってところがいいんどらしいじゃないの。


食べ物編。

左上から、野菜のカレー、ダル(レンズ豆のカレー)、エッグカレー。
下の段きて、生野菜、チャパティ+ライス+パパド、ピクルス。
20090812_curry1.jpg

コレで確か60ルピー (約120円)。  やすーーーーーーい!


こちらは北インドカレーセット。 

20090812_curry2.jpg

ライス、ビリヤニライス、ナン、3種類のカレー、ちょっと野菜、ヨーグルト、デザートがついて
確か約70ルピー (140円)。 

ちなみに奥の写真は南インドカレーセット。  確か6種類くらいカレーがあって60ルピー。
  

お得感満載!

でもナン+ビリヤニ+ライスって、どんだけ炭水化物好きですか。
日本で行ったら、チャーハン+ライス+お好み焼きセットー! みたいな。

 
こちらはデザート。 
こまかく削ったニンジンを、コンデンスミルクで煮たものみたいな。
私はいけるけど、甘いもの苦手な人には拷問かも。
20090812_dessert.jpg


食事のシメにマサラティー。
おいしうございます。
20090812_MasalaChai.jpg





後は、バンガロールの近くのShivanasamudra waterfalls っていうところに、行ってみました。

まずはこちらをご覧ください。 (どっかのウェブから拝借。)

ちょろん。 
ShivanasamudraWaterfall.jpg




見ました?

確かに滝だけど、そんなに大きくはなさそうな・・・くらいですよね?


でも実際は・・
20090812_waterfall.jpg


予想に反してでかかったです。
一瞬ナイアガラを思い出させるほど。
雨季の時にしか水が流れないんだそうですよ。


最後に、インドで見たアヒルのプリケツでインド旅行記閉めたいと思います。
20090812_ketsu.jpg


↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

インド旅行記:其の四 - アジャンタ

しつこく続きましてインド旅行記、アジャンタ(Ajanta)です。
20090809_AjantaView.jpg


アジャンタはアウランガバードから車で3時間くらいかかりました。

向かう途中でよったところで寝てた犬。 かわぇぇ。
OnTheWayToAjanta.jpg


アジャンタは紀元前2世紀ごろから作り始められ、
いつごろまで使われたかよくわからないけど
1819年にトラ狩りに来ていた英兵によって偶然発見されたものだそうです。

ここはいろんな宗教が混ざったエローラと違って仏教の石窟のみ。
紀元前に作られたのにもかかわらず、なんともカラフル。


第一石窟が一番有名で、釈迦が出家したときの話が細かく描かれておりまする。


まず、釈迦は王子様だったので宮殿に住んでいたけど
宮殿での生活に疑問を抱き始めましたとさ
Cave1_01.jpg


そこで釈迦は象に乗って宮殿から抜け出し、
Cave1_02.jpg


教えを請う。
Cave1_03.jpg



彼は宮殿に一度戻り、出家をみんなに伝え
Cave1_031.jpg


宮殿を後にして
Cave1_04.jpg


数年後にこうなると。  
Cave1_05.jpg


・・・・・てな感じで。  (←いいのか、こんなんで)


こんな絵が壁にびっっっしり書かれているんだけど、
下のほうははがれちゃってます。
(宮殿を後にするところの象さんの下のところとか。)
トラがココを巣穴にしていたため、引っかかれてはがれてしまったんだとか。


それにしても細かい。 天井にも絵がびっしり描かれてます。
20090809_AjantaCeiling.jpg



こんな石窟がびっしりとがけみたいなところに彫られてる。
20090809_AjantaView1.jpg


コレは釈迦のお昼寝・・・ではなく、亡くなるときを描いたものだとか。
足元の方には、魂が抜けて天に昇っていく様子が描かれてます。 
(この写真ではちょっと見えないけど)
20090809_LyingBuddha.jpg


個人的には、今回の旅行で一番行きたいところはアジャンタだったんですよ。
確かに、絵も彫刻もすばらしくて、すごく歴史を感じられるので
行ってよかったと思います。

でも、ウチラが行った日に、ちょうどいろんなところから
観光とか校外学習で来ていた人たちとぶつかっちゃったみたいで
すごい人人人。


で、しかも彼らは東洋人を見たことがなかったみたいで

写真を撮られまくる。

道行く人に、通りすがりに撮られ
観光しているところを横から撮られ
歩いているところを、腕をつかまれ撮られ
休んでいるところに、一緒に座ってきて撮られ。


気分的には日光のお猿さんか奈良の鹿。
(ちゃんと「写真一緒にとってくれる?」って言ってきた人もいたけど、少数派。)

お土産の売り込みより何より、この写真攻撃に疲れました。



↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

インド旅行記:其の三 - ダウラターバード

エローラに行った帰りに、ダウラターバード(Daulatabad)というところに寄りました。
自然の山の形を利用して作られて砦です。


そこに行く途中に、牛の大群に行く手を阻まれる。
20090803_03.jpg
(写真に写っているのはほんのちょっとですが、数十匹いました。)


このダウラターバードには
昔(確か1327年?)、首都をデリーからここに移そうとして、
市民全員をみんなデリーからここまで行進させたそうです。


20090803_02.jpg


デリーからここ、ダウラターバードって
実際細かく何キロかはわからないけど、
地図見た感じでは900km以上。


・・・・・・・あの、何でそんなこと住民にさせようと思ったんですかっ???
とその理由を、聞けるものなら是非是非聞いてみたい。



砦自体はすごくよくできてます。
敵の侵入を許さない為に、本当に様々な仕掛けがしてあります。

敵が攻めてこないように、水掘りがあって、細い橋だけでしか通れなかったり、
その水掘りにワニとかを飼って絶対に泳げないようにしたり。
20090803_05.jpg

もちろんそれだけはなくて、城内に入る為には、
必ず通らなければいけないところに
上から熱湯や油や木炭などをかける仕組みをもっていて、
いたるところに敵を水掘りに落とす穴があったり。


コレを突破できた軍は居なかったそうですが
最終的には見張りに金を握らせることで侵入したそうな。

・・・・・結局世の中金なのね。 ┐(´-`)┌ 


金といえば。
この要塞の中を見るときに、
「ルートはこっちです。 こっちに来てください。」と、
中が暗いので明かりをもって誘導してきたじいちゃんが居ました。


窓が全くなく、曲がりくねった道なので、
事故がないように、明かりを持って案内する人が居るのかと思ったら、
やっぱり最後にお金を請求して来ました。 kao07

まぁしょうがないので10ルピーくらいあげようか、と思って10ルピーを渡すと
それを押し返して、「一人50ルピー、二人で100ルピーだ。」と、言ってきました。

説明してくれなんて頼んでないし!!と、
腹がったので、押し返してきた10ルピーも持って、無視して去りました。
後ろでなんか叫んでたけど、もう無視無視っ。怒

インドの観光名所では、いろんな説明をしてくる人が居ますが
無視に限ります。

(無視できないくらいにしつこかったら、
「説明してもらうのはありがたいけど、お金は払わないよ」
と言っておきましょう。)



要塞以外にも、お寺みたいなのもあったり
20090803_04.jpg


とうもろこしの芯を喜んで持ち逃げするヤギが居たり
20090803_01.jpg

ほのぼのしてるところもあります。


でも、ここの観光をしている間に、大雨に降られました。
20090803_06.jpg


この砦は平地が多い地域にぽつんと丘の上に立っているので
雨が襲ってくるのがすごくよく見えました。
20090801_Ellora08.jpg


見えるかなぁ。
20090801_Ellora09.jpg




↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ


インド旅行記ちょっと休憩

えー、インド旅行記第3弾・・・の前に

なんでそんな話になったのかは覚えてませんが
会社の友人、お久しぶりの花ちゃんと、
「におい」についていろいろ話してました。

で、確か私が、
「(周りがうるさいとか、暑いとか、まぶしいとかで目が覚めることはあるけど)
臭さでめが覚めたことはない。」ってコメントしたんです。



それなのに、今朝。



ついに初体験してしまいました。


くささゆえの目覚め。
20090801_01.jpg



もともとマスオさんが起きるために
目覚ましは鳴っていたので、なんとなく目覚めかけてはいたんですけど
眠りと目覚めの間くらいでした。


そこへ、この世のものとは思えない異臭。


おかげで一気に目覚めましたが


目覚めの気分最悪です。



その気分といったら
こんな眉間のしわくらいじゃあらわせません。
20090801_02.jpg


マスオさん、あなたは秘密兵器か何かですか。
どうしたらあんなに臭いのができるんですか。




↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

インド旅行記:其の二 - エローラ

今回のインド旅行のメインは
世界遺産でもある、エローラ石窟寺院群(Ellora Caves)と
アジャンタ石窟寺院群(Ajanta Caves)。

両方とも、ムンバイから飛行機で1時間ほど東に向かった町、
アウランガバード(Aurangabad)から車で行きます。


1日目に行ったのはエローラ

エローラは6世紀から10世紀に作られた
仏教・ヒンズー教・ジャイナ教の石窟群が混在する遺跡。
なにがすごいって、石を組み立てて作っているのではなくて、
山をくりぬいて作られているのがすごい。

組み立ててたら、間違えても取り替えられるだろうけど、
掘り崩して作っていってたら、「あっ、やべ。 ちょっと間違えちった」とか
ありえないわけですよ??


受付のところでガイドのおっちゃんとかがいて、確か2009年7月の時点で約600ルピー。
ガイドは、頼む価値は大いにありです。 (まぁガイドによると思うけど)
ガイドなしとありでは、見方がまったく変わってきます。
彫刻一つ一つにいろいろな意味や話がこめられていて、とても奥深い。


山をくりぬきながら作ったにもかかわらず、垂直平行。 
すばらしいっ! (←垂直平行大好きオンナ)
20090801_Ellora03.jpg
右下の方は壁を整えてあるけれど、
未完成の為、上のほうの壁はならされていないのが見えます。



教会の思わせるようなつくりのCaveです。
音の響きがすごくきれい。
20090801_Ellora01.jpg

上には細かーい彫刻jがびっしり。
20090801_Ellora10.jpg


彫刻などはヨーロッパのものに似ているものもあります。
この辺はシルクロードの途中に位置していたため、
ヨーロッパを含め色々な国からの影響を受けたそうです。
20090801_Ellora02.jpg
なんだか歴史を感じますね。


柱などにもとても細かい彫刻が施されていてびっくり。
モノによっては、昔の彩色の残りが見えます。 (この柱は赤)
20090801_Ellora06.jpg
この柱の角のちっちゃい太い人が柱を支えてるんだって。 
ちょっとかわいいチビでぶ。



エローラの中でも一番有名なのが、ヒンズー教の「カイラーサ寺院」
規模が半端じゃないです。

私の写真が下手なのもありますが、
コレは行って体感しないと、写真では伝え切れません。
精巧でありながら規模がでかすぎるのです。
20090801_Ellora05.jpg

ウチラを案内してくれたガイドさんです。  
規模の大きさが伝わるかしら。
20090801_Ellora12.jpg
コレが全部山をくりぬいて作ったもの。

奥の方にも房があるのが見えるでしょうか。
山をくりぬきながら、
どれくらいの重みに耐えられるように柱を何本にするとか、
奥行きをどれくらいにする、とか、どうやって考えたのか不思議。

そして壁には細かい彫刻がびっしり。 
コレには戦いのお話が書かれてます。
20090801_Ellora11.jpg


いやはや、とにかくすごいんですよ。
いたるところにものすごい努力と、月日と計算が施されたのが
肌で感じ取れます。


でもですね。

エローラには、僧侶たちが座禅を組んだり、
生活したりするために作られた房が一杯あるんだけど
そこにこうもりが住み着いているせいか激クサ

殺人的なにおいです。
ただ、ほかに行ったことある人はそうでもなかったらしいので、
日や時間帯によって違うのかもしれません。


うちらは、朝から行った方がいいかと思って、結構朝早くでたんだけど、
本来エローラは、夕方のほうがいいそうですよ。
なぜならばケーブ(Cave)や彫刻が西向きのため、
夕日に照らされたところを見るのが一番きれいだそうです。


今後もしかして観光される方の参考になればコレ幸い。


↓↓↓↓↓どちらか「ぽちっ」と押してくれたらうれしいっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

さざえ

Author:さざえ
さざえでございます。 シンガポール在住です。
お財布忘れて買い物、鍵を鍵穴にさしたまま外出など、かなりぬけてますが、おつきあいくださいませ。

登場人物:
■ゴマ
キャバリア・トライカラー
脱獄・盗み食い常習犯

■ハチ
キャバリア・ブラック&タン
常にハイパー

■マスオさん
さざえのオット。 関西出身。
常に危機感がない。

■たらこ
2011年2月にシンガポールで産まれた女の子です。 
よろしくお願いします! 

■サザエ
横浜出身。 おっちょこちょい。


リンク・ランキング:
■リンクフリーです。 

■ランキング参加してます。 
↓↓↓↓↓1日1ぽち、お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ 
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

Nike+

マラソンを目標にニケたす、じゃなくて内規プラス、じゃなくてNike+ で走った距離などを記録してます。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
サザエのつぶやき (75)
食 (2)
シンガポール 生活 (61)
シンガポール 会社 (5)
キャバリア (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ご訪問ありがとうございます。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。